荏原製作所がつくる
ポンプの役割

ENERGY-01

遠くまで水を運ぶ

砂漠に囲まれた都市?ラスベガスに水を運ぶために、荏原は長さが約84mもある縦型ポンプを開発。約50km離れた湖から水を汲み上げて、 200万人の市民と、世界中から訪れる観光客のもとへ。もっと遠く、もっと高く。荏原のポンプは、パワフルに進化します。

01

ラスベガスを支える縦型ポンプ

過酷な環境に耐える

工場の安定した運転のために、大切なのは耐久性。荏原は海水でもサビない大型ポンプを、独自の溶接技術で開発。他にも、-162°Cという超低温の液化天然ガス(LNG)を運ぶために、熱や振動が発生しないポンプを開発。荏原は1秒も止まらず動きつづけ、世の中に必要な流れを生みだしているのです。

02

LNGを運ぶクライオポンプ

災害から街を守る

台風や集中豪雨から街を守るのが、雨水排水ポンプ。道路などに水があふれないよう、降った雨を、川や海に排水します。荏原がつくった世界最大級のポンプは、25mプールを4秒で空にするパワフルさ。都市の洪水の不安を解消しています。

03

洪水の不安を解消する、雨水排水ポンプ

老太脱裤子让老头玩_小蝌蚪app无限观看污_女的被强扒衣服吃奶漫画_在线观看免费A片